読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「オタクはすぐ最高とか言う」

長文が書きたくなったときに来る場所

2016年の10曲 ~より多くの人に聴いてほしいという思いを込めて~

2016年も、より多くの人に聴いてほしいと思うような名曲たちにたくさん出会いました。

そんな名曲たちから、自分の気持ちだけに基づいて10選。

 

1. 田所あずさ『It's my CUE.』

声優×ROCKの新時代到来を告げた1曲。

下にはあえてMVではなくアルバムの試聴を張りました。私としてはこの曲は拡張イントロのような位置づけのTr.1『Come on, A-Z!! (before the CUE)』と併せて聴いてほしいと思います。

2017年に向けて「タドコロック」路線はまだまだ進化していくようなので、目が離せません。


田所あずさ / It's my CUE. - 試聴動画 Part.1

 

 

2. 村川梨衣Baby, My First Kiss

“アーティスト・村川梨衣”、いける!と思った1曲。

気持ちよく伸びる歌声と、その周りを彩るように精緻に練られたきらびやかなサウンドが、歌詞とあいまって胸キュンなエレクトロポップを形作っています。

本人振り付けの、“村川梨衣=りえしょん”の魅力がぎゅっと詰まったようなMVも必見。


Baby, My First Kiss / 村川梨衣

 

 

3. 多田李衣菜 (青木瑠璃子)『Sparkling Girl』

好き。

ポップテイストのガールズロックは数多くありますが、あの多田李衣菜がこの曲を、というところに非常にグッときました。「ロックなアイドル」ってこういうことだ、と彼女が実際にアイドルとして活躍する姿が目に浮かぶような曲になっていると思います。

サウンド的にも「Sparkling」な弾けるソーダのような爽やかバンドサウンドがドストライクでした。もっと増えないかなぁ、こういう曲。


【楽曲試聴】「Sparkling Girl」(歌:多田李衣菜)

 

 

4. 雀が原中学卓球部『灼熱スイッチ』

先立つ『PUNCH☆MIND☆HAPPINESS』で改めて「頭おかしい(褒め言葉)」と評されていた我らの神・田中秀和によって再びアニソン界にブチ込まれた灼熱な1曲。

私が推したい必聴ポイントは、花守ゆみり×田中美海という歌唱力モンスターが交互に掛け合う、まさに熱いラリーのようなBメロです。

アニメ本編も熱かったですね。騙されたと思って第1話を見てほしい。


雀が原中学卓球部 / TVアニメ 灼熱の卓球娘 オープニングテーマ「灼熱スイッチ」MV Short Ver.

 

 

5. ワルキューレWalküre Attack!

これぞマクロス、という興奮を味わわせてくれた1曲。

この曲のシーンは鳥肌がヤバかった。サビのビートに呼応するように否応なく高鳴る心拍。

横アリ行゛き゛た゛い゛(日程が卒論発表直前)


ワルキューレ/1stアルバム「Walküre Attack!」クロスフェード動画_TVアニメ「マクロスΔ(デルタ)」より

 

 

6. TRUE『Divine Spell』

みんな大好きArte Refact

TRUEさんの歌声は細かいパッセージでの発音のキレと、厚みそのままで無限に伸びていくロングトーンが強みだと感じているのですが、その両方が存分に活かされていて、聴いていると無敵になれるような気持ちよさの1曲だと思います。


TRUE / Divine Spell - MV Full Size Ver.

レガリアは見てません(小声)

 

 

7. 小田切双葉 (金澤まい)『満腹至上主義』

アニメ『三者三葉』のキャラクターソング。キャラソンとはこうあるべきと思うような、歌声の“キャラ度”の高さがイチオシです。「あはっ☆」とか「てへっ☆」とか小田切双葉お前可愛いなほんと。

歌詞密度が非常に高く早口な曲で、これをライブでキャラ度の高いままダンス込みで(口パクではなく)歌い切った金澤さんには驚かされました。

同じCDに収録されている臼田桜(夏野菜緒)の『ZOKKON☆チェリーブロッサム』も、“オタクこういうの好きだろ”を凝縮したような曲なのでご一緒にどうぞ。


「三者三葉」キャラクターソングVol.2「小田切双葉&臼田桜」【試聴動画】

 

 

8. 高坂海美 (上田麗奈) × 田中琴葉 (種田梨沙)『Understand? Understand!』

アイドルマスター ミリオンライブ!から1曲。

聴いてるとワクワクが止まらなくて語彙力が低下するので、

高坂海美クッソ可愛い田中琴葉尊い」

くらいで許してください。

追伸:文書きさんはぜひこの曲の歌詞で海美と琴葉の1日デートSSを書いてください。


【福岡公演ダイジェスト】アイドルマスター ミリオンライブ! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DREAM!! LIVE BD ダイジェスト

(2曲目です)

 

 

9. TrySailHigh Free Spirits

おそらく今年一番聴き込んだ1曲。発売前から解禁部分をひたすらリピートし、発売日にもTwitterで「細かすぎて伝わらない『HFS』のここが好き選手権」を繰り広げたほどに、TrySailの3人それぞれの歌声の新たな面の開花を感じました。

やっぱりベタな進行とビートでも、というより、ベタだからこそテンション上がるんですよ。しょうがない。

High Free Spirits

High Free Spirits

 

 

10. 上田麗奈『マニエールに夢を』

年の瀬に鮮烈な一発を食らいました。

上田麗奈、ソロアーティストデビュー〉の報にはひとかたならぬ驚きを覚えましたが、デビューミニアルバムから毎週1曲づつ音源が解禁されてゆくたび、“上田麗奈”という迷路のような、荒野のような、森のような空のような海のような存在に魅入られていく自分がいました。

彼女が描こうとする、平面にも静止画にも収まらない《絵画》を具現させるのに、多層性と時間性の中にある“音楽”という媒体はまたとないものだったのではないかと感じます。

その中で最初のトラックとなるこの曲は、アルバムタイトル『RefRain』つまり“繰り返し”を象徴するように、

「日々は繰り返す/いつだって時計の輪の中」

と歌う彼女の声が、刻一刻と色を変えてゆきながら、聴き手を“繰り返し”の世界へ誘うような1曲だと感じます。


上田麗奈 / Debut Mini Album「RefRain」試聴動画

 

 

以上10曲でした。

意図したわけではありませんが、すべてアニメ・ゲーム・声優ジャンルのものになりました。

2017年もアニソン・声優ソングを楽しみに生きていくことになりそうです。よろしくお願いします。