「オタクはすぐ最高とか言う」

長文が書きたくなったときに来る場所

月刊「このボカロ曲がすごい!」2018年2月

2月は28日間しか無いにもかかわらず、1月と同じく13曲がノミネートです。


レギュレーション
ニコニコ動画でのVOCALOIDタグ基準に該当する楽曲
・2018年2月1日〜2月28日にアップロードされた楽曲

形式
優勝 1曲: 本当に忙しい人はこれだけ聴いて優勝してほしい
・入選 曲数規定なし: 全部すごい


優勝
メルティランドナイトメア - はるまきごはん
#VOCALOID殿堂入り #ミクトロニカ

文句なしに優勝でしょう。インターネットに花開いた総合芸術です。
1音目から伝わってくる確かな音作りに裏打ちされた、遥かな奥行きを持つ奇想天外のサウンドが、身を預けたくなる気持ちよさで流れ込む4分半。
はるまき氏特有の幼さとキレのある発音が同居するミクの歌声で、リズムトラックと確信犯的にリンクしてグルーヴを生むメロディが刻まれていくさまに息を呑むしかありません。
最高レベルのサウンドを組み立てるにとどまらず、視覚作品としても一つの宇宙を組み上げてしまうマルチな才能が遺憾なく発揮されたMVは必見。はるまきワールドの最新形を身をもって体感してください。ほんと全人類が触れるべき……。
はるまきごはん最古参の一人としては、腕を組んでウンウンうなずくしかない。


入選
fate line - Last Order
#VOCALOID幻想狂気曲リンク

作り込まれた悲壮な雰囲気をまとうゴシック・シンフォニック・メタル・ロック。
ヘヴィなギターが支える妖しげなメロディパートと疾走感あふれるサビがひとつの世界観のもと同居し、壮大な物語を読んでいるような時間を味わわせてくれる一曲。


ヒトメボレナイト - *Luna
#クラブで使えるボカロ曲リンク

コンスタントにハイクオリティなサウンドを送り出す*LunaによるトレンディHouse POP。
裏打ちのシンプルなトラックに、絶妙に力の抜けたハマり方の詞が合わさり、身体が自然に揺れるグルーヴを堪能させてくれます。
音に身を任せ目をつぶれば、そこはもう恋するディスコナイト。


染哀歌 - ちいたな

粗削りながら切実な愛を歌うバンドサウンドが刺さるデジタルロック。
哀しげな空気の塊をぶつけられるようなサビの迫力がやけに耳に残る一曲。
制作ペースが速い作者で、今後も楽しみです。


太陽は少し眩しすぎるから - YURAGANO

強いビートと透明なのに昏いギターが不思議に絡み合う次世代ロック。
作者がサウンドを思い通りにコントロールしているということか、実際に聴いたときに感じるタイトルへの納得感が秀逸です。


幼日 - 猫アレルギー

印象的なギターリフとセンチメンタルなメロディが脳裏に懐かしい夕景を投影するようなポストロック。
手数の多いドラムがイントロから続くリフと絡み合うAメロに対し、サビはシンプルな構成に落とし込み、感傷を誘う切ないメロディを際立たせています。


クスブリ - natural

思わず身体が揺れるオシャレサウンドの中にもどこかkawaiiを感じさせるバンドポップ。
グルーヴの間を縫うようなメロディラインに、ツインボーカルならではの魅力が発揮されています。


天使 - tama
#MikuPOP #ラーメンタイマー

布団にくるまって恋を想うような、ゆるっと&ふわっとなロック。
雛のころからマシュマロだけを与えて育てた斉藤和義はきっとこんな感じ(意味不明)
フレーズも歌声も脱力していながら、しっかり聴かせる音作りになっています。


Shock Wave - ごーぶす

希望あふれるフューチャー風味のシンセポップ。
明るく広がるピアノの音が、時に寂しくなるほど広いインターネットの海を感じさせ、VOCALOID・ネット音楽シーンを謳歌する者たちへの讃歌として心に響いてくる一曲。


ノンサイノ - 梨本うい
#VOCAROCK

説明不要の梨本ロック。
初投稿から9年目とのことで、いつにも増して愚直なメロディが確立されたワールドを感じさせてくれます。
黒いわだかまりをある種爽やかにも思える形で歌うスタイルは変わらない一方で、ぐちゃぐちゃに混ざった音と言葉がよりクリアに聞こえるようになった気がするのは、年月のなせる業でしょうか。


ロキ - みきとP
#VOCAROCK #VOCALOID殿堂入り

四つ打ちキメキメなロックンロールで歌う愛のアジテーションソング。
もともと愛島(みきとP)の歌声の魅力が広まってほしいとも思っていたので、VOCALOIDとの男女ツインボーカルという形をここまで見事に決めてくると、惚れるなと言うほうが無理というもの。
ジャンルフリーな音の組み立てで、聴いてよし踊ってよしな一曲。


猫の街 - 青屋夏生
#VocaR&B #VOCALOIDにゃんこ入り #VOCALOID実写PV

ボカロR&Bの名手、青屋夏生による猫紀行。
見知った街も見知らぬ街も、猫を視野の真ん中に据えればスッと心に入り込む日常感で捉えられる。優しいエレピと大仰に聞こえてもおかしくないストリングスが包む口触りの良いリリックが、そんなメッセージで単調な日々のループを少し変えてくれる一曲。
この曲を聴いたあとには、いつもの家路でも、日常が旅になっていることに気づけるかもしれません。


ロストアンブレラ - 稲葉曇
#VOCAROCK #マイリス巡回推奨

ハイテンポと仄暗い歌声で鳴らす慢性中毒性ロック。
ずっと好きなPですが、今回は特に「曇り」の名前は伊達じゃないと感じる一曲でした。マイリス巡回推奨です。


以上です。
3月も春の陽気に誘われて名曲がやってくる予感。